まいり

鰐淵俊之

わにぶち としゆき
1936 - 2005
政治家
お線香をあげる   お花をあげる
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.06.12 ID:311759
上田武之
当時の釧路工業高校定時制電気科長である野内 拓先生より強い要請を受け、私は3年半に及ぶ北見工業大学大学院での研修を修了して平成元年に北見工業高校電気科から、私が産みの親である社会人学級(電気科第Ⅱ類型)の担当をするため釧路工業高校定時制電気科に戻りました。さらに、職場を退職し道高教組本部役員の専従に出られることになった同僚の八木靖彦先生(後に、中央執行委員長)から釧根支部を頼まれ副支部長を務めることになりました。釧路市役所で当時釧路市長であった鰐淵氏と団体交渉したことがありましたが、終了後、席を立つとき鰐淵氏から「随分活躍されていますネ」と声をかけられましたので鰐淵氏との関係を知らない書記長が吃驚しておりました。私は後に、支部長を務めることになりました。また、職場では最後に電気科長を務めました。
2019.04.25 ID:301581
上田武之
鰐淵俊之さん、お世話になりました。私の姉と中学校の同級生であった関係で釧路市長になられる前から家に訪ねて来られておりました。農林課の市職員から政界に出られるとき、後継者に当時、帯広畜産大学獣医学科に在籍していた兄を推薦して頂きました。兄は農林課に入った後、環境部や魚揚場場長、市立釧路総合病院管理課長等を歴任し釧路市動物園園長を最後に定年退職しました、奇遇ですが兄の妻の姪(旧姓 細野)と歯科医の鰐淵さんの息子さんとが結婚しております。東京の議員会館でお会いした時には自叙伝を書かれた本を頂きました。また、「先生に仲人を頼もうと思っていたが、なかなか先生は結婚なさらないので先に結婚します。」と言った教え子の仲人役も引き受けていただきました。
2019.04.25 ID:301528
上田武之
鰐淵俊之さんのお父様は妻の実家である千葉計量器に勤めていたことがあります。又、鰐淵俊之さんの義娘の父である細野氏は以前、十條製紙釧路工場の下請会社である富士興業株式会社会社の社長をしておりました。私は釧路工業高校に勤める前は此の会社に季節臨時工として働いていたことがあります。その折にブルドーザーの免許を取らせていただきましたがその免許には、普通車(限定付き)と大型自動二輪の免許が付いてきておりました。当時、十條製紙釧路工場長に東北大学工学部出身の方が赴任してこられましたが後日、私が同じ東北大学工学部で学ぶことになろうとは夢にも思いませんでした。その後、製紙工場職員の辻川信夫氏が定時制機械科に入学してきましたが、私に気がついて吃驚しておりました。現在彼のご子息である尚志氏は釧路町別保小学校校長の務めを終へられた後、4月から釧路町教育委員会教育長に就任されております。
2013.07.01 ID:66790
お悔やみ申し上げます
2005年03月28日に亡くなった人