まいり

上條信山

かみじょう しんざん
1907 - 1997
長野県 松本市 神林 書家 文化功労者 松本市名誉市民
上條信山さんについて
日展・現代書道二十人展などに、「信山バリ」と呼ばれる豪快で俊敏な作品を発表、一世を風靡した。
日展常務理事、読売書法会常任総務、謙慎書道会顧問、書象会最高顧問、日本書道教育会議議長等を歴任。
日本芸術院賞、日展「内閣総理大臣賞」受賞。書道教育にも大きく貢献し、1996年、文化功労者として顕彰された。
松本市美術館には「上條信山記念展示室」が設けられており、代表作品が常設(年3回展示替え)されている。
高弟に、田中節山、市澤静山、高田墨山、内藤望山等がいる。
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2020.03.09 ID:389054
鯉沼博和(泰然)
大東文化大学の卒業生です。高等学校の恩師が再興後の吟詠部初代・二代の幹事長でした。部旗は上條先生にビール1ダースで揮毫のお願いを引き受けてくださったものと伺いました。関東20数大学で大東が異彩を放ち、私は誇りに思っていました。
2018.09.04 ID:254766
上條信山先生。
私は先生の偉大なる書風を継承すべく、もう一度「原点」に帰り、「信山書法」を完成させる決意です。
また、書道教育で指し示してくださった教えを胸に、後継の若者たちへ伝授してまいります。
不肖の弟子ではありますが、どうぞ温かくお導きください。 合掌
2015.06.21 ID:143195
お酒のみましょう
 ID:61191
お悔やみ申し上げます
1997年02月12日に亡くなった人