まいり

大武幸夫

おおたけ ゆきお
1923 - 1994
政治家 福井市長
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(01/30) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2021.01.15 ID:1181909
👩ご冥福をお祈りします💐
2021.01.13 ID:1180233
† 新しい年を迎えました。
こちらでは新型コロナが一層深刻です。
そちらの世界はいかがでしょうか?
私たちを見守っていてください。
2021.01.06 ID:1174569
👩<私の祖母と親しかった大武夫妻>
●私は福井市に生まれ育ちました。大武市長の奥様は、祖母の遠縁にあたります。大武夫妻の話は、祖母からよく聞かされていました。
●大武幸夫さんは、1946年に名古屋帝国大学医学部を卒業後、福井市役所に勤務し、厚生部長、総務部長等を歴任しました。1974年、前市長死去に伴い行われた福井市長選挙で立候補し、初当選します。以後連続5期20年に亘り福井市長を務めました。
●20年間の市政のなかで大武さんは、福井市30万人都市の実現を目指しました。上・下水道普及率を高めようとしました。魅力ある地域づくりに力を注ぎました。恵まれた観光資源を活かした福井のPRとイメージアップにもなみなみならぬ熱意を示しました。しかし、精魂を傾けた治水対策や福井市の発展の志も・・病魔には勝てませんでした。特に力を注いできた治水事業について遺言を残して、平成6年(1994)1月28日、市長在籍のまま、不帰の人となってしまったのです。
●その後、私たち家族は福井から遠く離れ、今では96歳の祖母だけが福井で暮らしています。大武幸夫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。🙋‍♀️
 ID:59494
お悔やみ申し上げます