まいり

下平和夫

しもだいら かずお
1928 - 1994
数学史 和算
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2017.07.19 ID:190339
下平博士ご霊前へ
 東京富士大のK.ヤスゾウです。今日、始めて先生が21世紀に入る前にご逝去されたことを知り痛恨の気持ちでいっぱいです。当時、前身の富士短期大学内には「日本数学史学会」の本部が置かれており、下平先生も兼任で教えに見えておられました。奈良時代や江戸時代の数学では専任に大矢真一・片野善一郎と算額の萩野公剛3教授がおられました。私自身は数学とは縁遠く、ただ古代日本語の「星ボシ・夕筒のtutu・経津み魂剣のフツ」が並べて南島語(*buntuon星がブトゥに)ーー「天香香背カガセ男は超新星発見の本邦初出。輝く=蒙古語と鐵セ=朝鮮語」ということを書いていただけなのに、ある日先生は高田馬場駅で「Kさん貴方、郭守敬を知ってる?」と教えて呉れたのです。勿論、それまでは全然未知の人物でした。先生の刺激のお蔭で後日「古代、星は赤かった。アミ族の金星=鍛冶屋tutuの鍛きあげ鐵道具が北半球夜空の一等星」なども報告できた次第です。本当に有り難うございました。、
 ID:59449
お悔やみ申し上げます
1994年03月07日に亡くなった人