まいり

佐藤輝夫

さとう てるお
1899 - 1994
フランス文学者 フランス文学
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2017.11.03 ID:206136
小倉 泰夫
中学生の頃、父の書斎で、「トリスタン・イズー物語」を読んで、その詩的な翻訳に感動しました。トリスタンが、泉の上に木片を流し、王の存在に気づき、止められず、「彼女はやってくる」と、繰り返す場面を、どきどきしながら読んだのを思い出します。「アンコール詣で」もすてきな文章でした。18日の座談会にいかれないのが残念です。
2013.07.01 ID:59421
お悔やみ申し上げます
1994年04月13日に亡くなった人