まいり

黒丸尚

くろま ひさし
1951 - 1993
翻訳家
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
10時間前 ID:1120387
ムーさん
いつか、私もそちらに行きます。その節は、よろしくお願いします。
2日前 ID:1118885
向出雅一
向出雅一と申します。学生時代は、神田神保町にあった海外書古書店のブックブラザー、泰文社でよく会っていました。彼と一緒にヒロイックファンタジーの漫画を描いて、SFマガジンに投稿し見事に落選しました。また、彼は、渋谷のスタジオで私のバンドでボーカルを担当したこともあります(評価はいたしません。)。
彼の訃報を聞き、京急梅屋敷の斎場に行きました。彼の顔を見たら涙があふれました。
早世しなければ、素晴らしい業績を創り出したことと思います。
福島県にお墓があるそうですが、もし、場所を教えていただければ、伺いたいと思っています。
2019.02.04 ID:281325
黒丸 尚(くろま ひさし、1951年 - 1993年3月14日)は、日本の翻訳家。本名は佐久間 弘で、筆名は本名のアナグラムである。東京都深川出身。東京大学法学部卒業。SFファングループ一の日会出身。
電通でCMディレクターを勤める傍ら著述、翻訳活動に入る。1988年、電通を退社[1]。晩年は専業翻訳家に
2013.07.01 ID:58840
お悔やみ申し上げます
1993年03月14日に亡くなった人