まいり

高村象平

たかむら しょうへい
1905 - 1989
慶應義塾 経済人類学 ハンザ史
お線香をあげる   お花をあげる
高村象平さんについて
http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/PERSON/T/takamura_s.html

昭和期の経済史学者 慶応義塾大学名誉教授;元・慶応義塾塾長;元・中央教育審議会会長。



生年明治38(1905)年8月2日
没年平成1(1989)年5月11日
出生地東京市本郷区(現・東京都文京区)
学歴〔年〕慶応義塾大学経済学部〔昭和4年〕卒
学位〔年〕経済学博士(慶応義塾大学)〔昭和35年〕
主な受賞名〔年〕勲一等瑞宝章〔昭和52年〕
経歴昭和10年ドイツ留学。14年慶大経済学部教授、32年経済学部長、35年から40年まで慶応義塾塾長を務めた。定年退職後、大阪学院大学教授、交詢社理事長を歴任。また教育課程審の会長として、“ゆとり教育”をうたった新しい学習指導要領を生み出し、52〜58年中央教育審議会会長を務めた。著書に「日葡交通史」「ドイツ・ハンザの研究」「ドイツ中世都市」「西洋経済史」「西欧中世都市の研究」「回想のリューベック」「私学に生きる」など。
高村象平さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
3日前 ID:311969
MAEHARA
多磨霊園
2018.05.29 ID:239375
高村ゼミ一同
合掌
2013.07.01 ID:54730
お悔やみ申し上げます
1989年05月11日に亡くなった人