まいり

小津安二郎

おづ やすじろう
1903 - 1963
映画監督 脚本家
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2020.01.09 ID:366234
ひとみ
「早春」 「大人の見る繪本 生まれてはみたけれど」
「お茶漬けの味」 「淑女は何を忘れたか」
「お早う」 「戸田家の兄妹」 「秋刀魚の味」
小津監督の作品は普通の映画と違う、
独特な魅力があるように感じます。
特に早春、お早う。大好きでした。
安らかにお休みください。
2019.12.12 ID:352793
監督、ぼくは「出来ごころ」で突貫小僧が親父役の坂本武の顔をビンタしまくるシーンを見ていると泣けてきてしまいます。
名作の数々を残してくださり、有難うございます。
2019.12.11 ID:352617
東京物語は名作です。
世界の映画界でも評価が高いです。
有難うございました。
2019.12.09 ID:352329
小津さんは誕生日の同じ日に亡くなりました。
2017.11.23 ID:208436
小津先生、原節子さんがそちらへ逝かれましたから、今頃、父親役の笠智衆さんと三人で、再会を喜び語り合っているのでしょうか。
2015.12.22 ID:151358
自身が撮影された作品の常連の原節子さんも
今は天国に行かれました。
どうか、お二人で仲良く天国で暮らして幸せになってください。
2013.07.01 ID:43412
お悔やみ申し上げます
1963年12月12日に亡くなった人