まいり

ピエール・ブノア

ぴえーる ぶのあ
1886 - 1962
小説家
お線香をあげる   お花をあげる
ピエール・ブノアさんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2019.03.13 ID:291127
「アトランティード」は、1919年ベストセラーになり、ベルギー出身のジャック・フェデー監督が映画化した(1921)。サハラ砂漠に迷い込んだ外人部隊の士官と、宮殿に住むイン蕩な女王アンティネアを描きフェデーの出世作となった。アンティネアを演じたのは、有名なロシア人舞踊家スタシア・ナビエルコウスカ。1926年「女郎蜘蛛」というタイトルで日本公開。
2019.03.06 ID:289116
ブノアは、父親が職業軍人で1~20歳をチュニジア、アルジェリアで過ごした。1923~38年、1947~53年は、作家と国際ジャーナリストの二足の草鞋で、日本も訪れている
2019.03.04 ID:288757
「アトランティード」の美貌の女王アンティネアのモデル。かってタマンラセット(アルジェリア南部の都市)を中心とするホガール地方を4世紀頃、治めていたとされるトゥアレグの女王ティン・ヒナン。
2019.03.03 ID:288391
子供の時に、「さばく都市」(現代「アトランティード」)という、仏領北アフリカを舞台にした小説化読んだことある。ヒロインのアンティネア姫を読み返してみようか?
2013.07.01 ID:43174
お悔やみ申し上げます
1962年03月03日に亡くなった人