まいり

小川芋銭

おがわ うせん
1868 - 1938
日本画家 美術院同人 河童の芋銭 
小川芋銭さんについて
第2回茨城美術展覧会の出品画は、従来『霧と木の芽』『狐の嫁入』『龍巻』の三作品でした。(底本 大正14年刊 いはらき新聞社)今回、90年ぶりにこの出品画の記載が誤りだと言うことが分かりました。
 正しくは、『霧と木の芽』『狐の嫁入』『魚化龍』です。

茨城新聞社が訂正をしなければ誤記の連鎖が永遠に続くことになります。 
                            ふ
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(08/25) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
画像をクリックでAmazonの詳細ページに移動します
2015.01.18 ID:138166
小川芋銭は、思想家田岡嶺雲のいはらき新聞主筆時代に親交を結びました。ふたりは「強者に對する反坑と、弱者に對する同情」(「数奇伝」田岡嶺雲著 明治45年刊 玄黄社)という一点で深く結ばれました。この思想は芋銭の画業を生涯にわたり貫いています。ふ
 ID:34960
お悔やみ申し上げます
ご支援をお願いいたしますm(_ _)m
Amazon ←のリンク、↑のバナー、又はお供えリンク経由で商品をご購入いただくとこのサイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。ご購入者様のお支払い額は増えません(Amazonが紹介料を負担)ご支援いただけますと幸いです。
詳細はこちら
[おしらせ] Twitterはじめました