まいり

忽滑谷快天

ぬかりや かいてん
1867 - 1934
戦前 仏教学者 宗教家 東洋思想家 陽明学者 曹洞宗 僧侶 文学博士
忽滑谷快天さんについて
古代禅学及び東洋禅学思想史を研究し、禅仏教を内省主観主義として捉えた「忽滑谷禅学」と呼ばれる禅道思想を確立した。
大正天皇の御大礼仏教雑誌『星華』、『達磨禅』創刊者。
曹洞宗大学が大学昇格時に駒澤大学に改まると、初代学長に就任。
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(08/25) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
画像をクリックでAmazonの詳細ページに移動します
 ID:33734
お悔やみ申し上げます
ご支援をお願いいたしますm(_ _)m
Amazon ←のリンク、↑のバナー、又はお供えリンク経由で商品をご購入いただくとこのサイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。ご購入者様のお支払い額は増えません(Amazonが紹介料を負担)ご支援いただけますと幸いです。
詳細はこちら
[おしらせ] Twitterはじめました