まいり

田部シメ子

たなべ しめこ
1912 - 1930
作家 太宰治 恋人
田部シメ子さんについて
銀座のカフェ「ホリウッド」の女給。
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(01/30) をご確認ください
https://amazon.co.jp/  このリンクについて
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2020.11.05 ID:1132128
遠縁かも知れません
2019.11.30 ID:349899
易品沁
黄金時代をありがとうございました。
あつみさんの唯一の人生に感謝します。
太宰治先生に。
2019.10.05 ID:336105
尊敬しています。
2019.08.31 ID:329516
17で旅立たれるとは…
現代を生きる我々には想像もつかない生きづらさがあったのですね、と申し上げたらお気を悪くなさるでしょうか。津島修治氏もあつみさんの死を悼んでおられたはずです。
ただ一切は過ぎて行きます。私を含め全ての者がいずれそちらに参ります。そう考えると、生きた月日の長短など些細なことかもしれませんね。
しかし、あなたの存在が、太宰治と言うひとりの物書きの深部に刻印を遺したことは間違いありません。あなたは太宰の小説とともに生き続けています。
2017.08.20 ID:196008
お悔やみ申し上げます。安らかにお眠りください。
2017.08.12 ID:194410
お悔やみ申し上げます。
 ID:32616
お悔やみ申し上げます