まいり

山田次朗吉

やまだ じろきち
1863 - 1930
剣術家 直心影流剣術 直心影流第15代
山田次朗吉さんについて
自流の振興のみならず、諸学校において剣道師範を務め、剣道の研究・著述活動を行い『日本剣道史』等の名著を残した。
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(08/25) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
画像をクリックでAmazonの詳細ページに移動します
2018.08.26 ID:253096
直心太郎
何故か直心影流の経歴が作り話ばかりはびこっていて本を出したり人が知らないのをいいことにかってな流れを作っている。もともと愛洲陰流が元であり二代目小七から伊勢守が習いその後神影流と改め、直とは直系と言う事である。適当な作る話は止めてもらいたい。現在は型稽古をしている人がいるがただのおどりである。この流は刀をいかに有効に使うかが秘伝であり、一撃を持って敵を倒す為に鍛錬する。芝居や時代劇の使い方とはまったく違う。使えるまで最低でも10年以上はかかる。剣を心ざす人は他流も研究してほしいものである。屁理屈はこりごりである。切る練習をやり切れるようになったら体を移動させて切る。できるようになったら連続技にうつり刀を自分の分身のように操る。そして試合でも竹刀のように使えるまで鍛錬する。できるかな?榊原派直心影流師範名無しの権兵衛
2018.03.25 ID:229698
直心太郎
山田は直心影流を次いだといわれるがこれは嘘である。榊原健吉から破門されていて継げるわけがない。先生が亡くなり勝手に成り済ましただけだある。それから鹿島神伝などと言っているがこれも嘘である。陰流は伊勢である。
 ID:32597
お悔やみ申し上げます
ご支援をお願いいたしますm(_ _)m
Amazon ←のリンク、↑のバナー、又はお供えリンク経由で商品をご購入いただくとこのサイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。ご購入者様のお支払い額は増えません(Amazonが紹介料を負担)ご支援いただけますと幸いです。
詳細はこちら
[おしらせ] Twitterはじめました