まいり

村井弦斎

むらい げんさい
1864 - 1927
愛知県 豊橋市 明治時代 大正時代 ジャーナリスト 「食道楽」
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(08/25) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
画像をクリックでAmazonの詳細ページに移動します
2016.08.15 ID:162823
小森 富美枝
大阪府の高齢者大学で「村井弦斎」なる人物を知りました。和食の勉強をしていて村井先生が家庭料理の革命とも言うべき「ご飯に合うおかずを考えよう」と唱えた人と習いました。日本の男性は家での料理を楽しむという事をせず、料理屋通いをしていたと。また「食育・知育・体育」を唱えた人だと習いました。もっと知りたくて投稿します。
2016.08.15 ID:162822
小森 富美枝
大阪府の高齢者大学で「村井弦斎」なる人物を知りました。和食の勉強をしていて村井先生が家庭料理の革命とも言うべき「ご飯に合うおかずを考えよう」と唱えた人と習いました。日本の男性は家での料理を楽しむという事をせず、料理屋通いをしていたと。また「食育・知育・体育」を唱えた人だと習いました。もっと知りたくて投稿します。
 ID:31931
お悔やみ申し上げます
ご支援をお願いいたしますm(_ _)m
Amazon ←のリンク、↑のバナー、又はお供えリンク経由で商品をご購入いただくとこのサイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。ご購入者様のお支払い額は増えません(Amazonが紹介料を負担)ご支援いただけますと幸いです。
詳細はこちら
[おしらせ] Twitterはじめました