まいり

穂積陳重

ほづみ のぶしげ
1855 - 1926
法学者
穂積陳重さんについて
 明治時代の法学者。弟の八束(やつか)、子の重遠(しげとお)も法学者として知られ、妻の歌子は渋沢栄一の長女である。宇和島出身。大学南校に学び、1876年からイギリス、ドイツに留学、法学を勉強。帰国後、82年東大教授となり法理学を担当する。民法典論争では旧民法に反対、その後梅謙次郎、富井政章と民法を起草。また商法など多くの法典に携わり、多くの著作を残した。
⇨Wikipedia・民法典論争
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(08/25) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
画像をクリックでAmazonの詳細ページに移動します
 ID:31784
お悔やみ申し上げます
ご支援をお願いいたしますm(_ _)m
Amazon ←のリンク、↑のバナー、又はお供えリンク経由で商品をご購入いただくとこのサイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。ご購入者様のお支払い額は増えません(Amazonが紹介料を負担)ご支援いただけますと幸いです。
詳細はこちら
[おしらせ] Twitterはじめました