まいり

平田東助

ひらた とうすけ
1849 - 1925
明治時代 大正時代 官僚
平田東助さんについて
山形県米沢出身。伯爵。兄は医師の伊東祐順。農商務大臣・内務大臣・内大臣を歴任。山縣有朋の側近。
明治2年(1869年)5月に慶應義塾(現在の慶応義塾大学)に入る。
明治4年岩倉遺外使節団に随行。
ドイツハイデルベルク大学で日本人として初めてドクトル・フィロソフィーの学位を取得。第2次桂内閣において神社合祀を強力に推進。
大正元年(1912年)12月、第2次西園寺内閣の総辞職を受け、元老会議で後継首相に推されるも、辞退。
火災保険法案、信用組合法案を作成。
産業組合を設立。
地方改良 運動の推進など、近代日本の制度づくりに貢献。
産業組合250万人と有志による寿像が大正10年東京九段下に建築される。令和元年に米沢市政130周年事業として生家信夫町に近い米沢すこやかセンターに移転竣工。台座建築家伊東忠太設計、銅像帝室技芸員新海竹太郎作、総重量約130t・高さ6m・幅10m(※個人寿像としては日本一と思われる)
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(01/30) をご確認ください
https://amazon.co.jp/  このリンクについて
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
 ID:31555
お悔やみ申し上げます