まいり

有島武郎

ありしま たけお
1878 - 1923
小説家
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(01/30) をご確認ください
https://amazon.co.jp/  このリンクについて
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2021.03.04 ID:1211765
私の人生に於いて、貴方はとても大切な人です。生きてくれて本当にありがとう
2020.06.20 ID:629772
易品沁
To.Dear Mr. Arishima,
True love is pure and clear, just like every pure literary writer has another clearer and more transparent "the other side" in his body. To some extent, literary writers can be regarded as people who have vacated their feet and stayed away from the world. What impressed me the most was that you experienced this absolutely clear and pure beauty in the love between your lover Hatano Akiko.(1)
2020.06.20 ID:629771
易品沁
To.Dear Mr. Arishima,

It's like your book 『惜みなく愛は奪ふ』, whether your life,or the aesthetics of your novels, to realize the philosophical foundation of "instinctive life", and in the end to"achieve" it. This is like the ideal of a samurai, dying in the moment of falling sakura, and completed in the "blessed"end.

And this "instant moment" is the "highest pitch" in life, and it is a kind of mirage that exhausts all my energy and I also want to see.(2)
2020.06.02 ID:622425
また、命日に参ります
2020.06.02 ID:622424
また貴方の命日に参ります
2019.06.15 ID:312408
貴方の生み出す文字に惹き込まれてから早3年が経とうとしています。
これからもずっと大好きです。
2019.03.11 ID:290510
「一房の葡萄」有島武郎の「横浜英和学校」時代の実体験を基に雑誌「赤い鳥」1920年8月号に掲載された唯一の創作童話。1880年代後半が舞台か?若い(「僕」の憧れの)女の先生、1860年代生まれの“洋装之美人”で?治外法権の日本で、西洋人の物を盗んで…
子供の頃には考えなかったあれこれが
2019.03.10 ID:290427
国木田
ありがとう。
2018.10.14 ID:261385
鳥越敦司
ご冥福をお祈りします。
 ID:31011
お悔やみ申し上げます