まいり

鎮目惟明

しずめ これあき
1564 - 1627
武将 佐渡奉行
お線香をあげる   お花をあげる
鎮目惟明さんへ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
鎮目惟明さんへのメッセージ表示しています 変更
2019.02.01 ID:280938
元和4年(1618年)、新将軍となった秀忠の刷新人事の一環として竹村九郎右衛門嘉理(嘉政)とともに佐渡奉行となる。
惟明は佐渡へ渡り、惟明と同じ武田浪人であった大久保長安の改革による盛期を過ぎた佐渡金山の経営を復興させた。竹村は江戸在住期間が長く、惟明の手腕によるものと評価されている。竹村は主に港湾、船などの輸送、流通面を担当した。
惟明は、諏訪間歩など33間歩に公費を投入し、「御直山」として取り立てたり、金山・銀山の山主の経営する「自分山」からの公納の定率化をはかり、山主の経営を安定させた。また、米を市価の二割安で全町民に安く提供したり、貨幣流通の円滑化および銀の島外流出を防ぐため、佐渡国しか通用しない極印銀や小判を造るなどした。
これにより経済の活性化と生産量の増加により島の経済は活況を呈した。また惟明は、筋金のままだと日本海の荒波の中の輸送が困難を極める為、輸送しやすい小判にて運ぶことを上書した。
2019.02.01 ID:280937
鎮目 惟明(しずめ これあき、永禄7年(1564年) - 寛永4年7月14日(1627年8月24日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将、佐渡奉行。幼名は半次郎、通称は市左衛門。上田七本槍の1人。

『寛政重修諸家譜』によれば鎮目氏は甲斐国山梨郡鎮目村(現在の笛吹市春日居町鎮目)の出自で、父は二代鎮目惟真、母は甘利虎泰の娘。
鎮目氏は初代七郎右衛門以来、甲斐守護武田氏の家臣で、惟真は武田信玄・勝頼の二代に仕え、武田家滅亡とともに隠居し鎮目氏は武田浪人となり、惟明の代で徳川氏に仕える。子に長男の惟吉、次男の惟忠(藤兵衛)がいる。

略歴 [編集]
甲斐国に生まれる。『寛政譜』によれば武田氏滅亡後に徳川氏に仕え、徳川家康に近侍したという。豊臣政権期に徳川氏が関東移封されると父の惟真を残して甲斐を去り、文禄元年(1592年)に徳川秀忠付となる。




2013.07.01 ID:14454
お悔やみ申し上げます
1627年07月14日に亡くなった人