まいり

楠木正成

くすのき まさしげ
1294 - 1336
武将
お線香をあげる   お花をあげる
楠木正成さんについて
楠木 正成(くすのき まさしげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。

建武の新政の立役者として足利尊氏らと共に活躍。尊氏の反抗後は南朝側の軍の一翼を担い、湊川の戦いで尊氏の軍に破れて自害した。鎌倉幕府からは「悪党」と呼ばれた。後醍醐天皇の側近として名和長年、結城親光、千種忠顕らとともに「三木一草」とよばれた。明治以降は「大楠公(だいなんこう)」と称され、明治13年(1880年)には正一位を追贈された。
Wikipedia
楠木正成さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2019.05.12 ID:305997
42歳でしたか。
2019.05.12 ID:305958
産経新聞の大楠公の連載を楽しみに読んでおります。
大変な戦略家でありまた仁の心と忠誠心を持つ優れた武将でした。
2019.05.10 ID:305653
尊敬しております。

大楠公よ、永遠に・・。
2019.04.14 ID:298956
大楠公閣下。
現在産経新聞で貴公の生涯が連載されているのを楽しみに拝見しております。
安らかに・・。
2018.11.09 ID:265860
七生報国。
2018.10.06 ID:260136
正成公は大河ドラマにはなっていないなぁ。
なってもよさそうだけど。
2018.10.06 ID:260119
「太平記」は面白いですね。
大好きです。
2018.10.05 ID:260042
大楠公よ永遠なれ。
2018.10.05 ID:260041
日本人の美学というものがここにあるような気がします。

日本人なら大楠公の生き様を学んで欲しい。

そんな気がしています。
2018.10.04 ID:259900
42歳ですか。
男盛りの年齢ですね。
今は平均寿命が倍の80歳です。
合掌。
2018.10.04 ID:259873
非常に戦略家でありながら主君に対する忠誠心が強く、尚且つ人間愛に溢れた武人でありました。
新渡戸稲造の「武士道」を具現化させたら大楠公になるのでは?と思わされます。
2018.10.04 ID:259866
皇居には銅像がありますね。
勇ましいお姿です。
2018.10.04 ID:259848
大楠公よ永遠なれ。
2018.10.04 ID:259845
「太平記」の中でも最も好きな人物ですかね。
新田さんも好きですけど。
2018.10.04 ID:259786
七生報国。
合掌。
2018.10.04 ID:259749
青空文庫で吉川英治 私本太平記が未だ読めず
2018.09.05 ID:254956
大楠公と小楠公の桜井の別れ。

胸にこみ上げるものがあります。
2018.09.05 ID:254954
尊敬しております。

大楠公よ永遠なれ。
2018.09.01 ID:254208
大楠公よ永遠なれ。
2018.08.31 ID:254095
「太平記」の英雄ですね。
2018.08.27 ID:253293
嗚呼大楠公❗️御魂安らかに。
2018.07.27 ID:248271
生まれ変われて現在はどこにおられますか。
2018.07.26 ID:248080
大楠公の生涯の中にこそ「真の日本人としてのエッセンス」が詰まっている。
そして子息の正行の中にも。
2018.07.16 ID:246236
とても恰好良い銅像です。
合掌。
2018.07.16 ID:246217
七生報国。
2018.07.16 ID:246194
武官の楠木正成公と文官の和気清麻呂公の銅像が皇居にあります。お花見や一般参賀で皇居を訪れた際は、それらの銅像を見て想いを巡らして欲しいと思います。
2018.07.16 ID:246183
尊敬する武将です。
大楠公よ永遠に!
2017.02.07 ID:173632
嗚呼忠なるかな忠なるかな。万世の道標、大楠公!
2014.06.02 ID:131436
清冽なる御生涯でした。
日本を御守りください!!
2014.05.31 ID:131396
あの世では、安らかにお休みください。
2014.05.08 ID:129401
安らかにお眠りください。
2014.05.03 ID:128782
安らかにお眠りください
2013.07.01 ID:7680
お悔やみ申し上げます
1336年07月04日に亡くなった人